デプロメールを飲む。

二度目の通院

そして6月。

 

 

再び心療内科に行くことにしました。

 

 

「不安が強いようなので、本格的に薬の治療を始めましょう」
という話になり、<デプロメール>という薬を処方されました。

 

 

お守り代わりに持ち歩いて、本当に不安で過呼吸になりそうな時に飲んでいた
<ワイパックス>は、即効性はあるが、根本的な症状を改善していくものではない
とのこと。

 

 

 

精神安定剤のような薬を飲むのは私もまだ抵抗があったので、
処方されて飲まなくても大丈夫かと思わず確認してしまいました。

 

 

 

風邪薬なども、もらって少し飲んで、
治りかけてくるとすぐに飲むのを忘れてしまい、
一回飲むの忘れちゃったから〜 と、
そのまま飲み続けるのを辞めてしまうことが多く。。。

 

 

 

すると先生から
「この薬(デプロメール)は勝手に辞めたりしてはいけません」
と、強く言われてしまいました。

 

 

 

それで余計に飲み始めることに抵抗が強くなってしまったのですが、
「治したいなら、騙された と思って、飲んでみて!」
と言われ、恐る恐る飲み始めることとなりました。

 

 

 

デプロメールを飲みました。体験

 

 

早く、この訳の分からない不安から逃れたい。。。
その一心で、早速デプロメールを飲み始めることにしました。

 

 

先生が言うには、デプロメールとは
脳内神経伝達物質の取り込みを抑え込む抗精神病薬
だそうです。

 

 

 

残念ながら、知識のない私はせっかく説明を受けてもよく理解できませんでした。

 

 

デプロメールを飲んで、次の日の朝。。。

 

 

なぜか布団から起き上がれません。

 

 

痛めていた腰も治ってきていたので、
どうしても受けたいレッスンに行きたい日だったのに。

 

 

 

起きれない。。。

 

 

 

起き上がる気力の出ない自分が情けなくなり、
布団の中で泣きました。
そして、泣きながらまた寝てしまいました。

 

 

 

日も暮れる頃、ようやく目が覚めたのですが、
頭が重い気がして、気持ちも悪くて、ボケーっとしていました。

 

 

 

症状が良くなる って思って薬飲んだのに、、、なんで?
余計 具合悪くなってる気がする。
薬飲んでもダメなんて。
このまま一生治らなかったらどうしよう。。。

 

 

ますます不安でいっぱいになってしまいました。
動いていないので、あまりお腹もすきません。
夜ご飯を食べて、ボーっとテレビを観て過ごし、
夜もまた早くに寝てしまいました。

 

 

 

デプロメールを飲み始めて3,4日は
ずっと同じようになかなか起き上がることができず、
踊りたい気持ちも出ない自分に苛立ち、
私は何をしてるんだろう。
何がしたいんだろう。
と、ぼんやりした頭でひたすら考えていました。

 

 

 

数日が経ち、
こんな病気に負けていたくないっっ!!
と強く思いました。

 

だるさで重い身体を起こして、踊りたい一心でレッスンに向かいました。
苦手だった電車も、気分が悪くなりながらも途中下車せずに
ちゃんと目的地まで乗っていくことができました。

 

 

スタジオの先生には
「体調があまり良くないので、もしかしたら途中で出てしまうかもしれません」
とだけ、断りを入れました。

 

そうすることで、<いざとなったら休んでもいいんだ>という安心感が生まれ、
その日は何事もなく、レッスンを受けて帰ることができました。

 

 

病気を知るということのページに進む


 
TOP パニック障害発作きっかけ なぜ起きるのか? ワイパックス パニック障害 完治